美容室の求人と年収の変化

平成25年度の調べでの一般企業の平均年収が400万円、美容室の平均年収が280万円なので、美容師の給料は高いとは言えません。大型店を中心に福利厚生が整いつつありますが、すべての美容室の福利厚生が整っているとも言えない状況です。

有給を消化できないこともあり、講習会などで休日に休めないこともあります。

しかし、美容師の収入はずっと平行ラインをたどるわけではありません。


経験、人気、職位、によって給料は変わります。

アシスタントの時代は初任給10万円前後が多く、かなり厳しいです。

せっかく求人に応じて採用されても、アシスタントの時代で挫折してしまう人は少なくありません。


そこで頑張ってスタイリストに上がると、基本給は20万円前後になります。
さらに月の売り上げによってインセンティブがつくので、やりがいを持てます。

珍しいNAVERまとめがとても人気であることがわかります。

ボーナスが支給される美容室もありますが、これは大型店でかなり儲かっているところの話なので、ボーナスはあまりあてにしないほうが良いでしょう。さらにトップスタイリストやディレクターになると、年収が800~1000万円を超えることもあります。



1000万円を超えるのは本当にテレビに出るような売れっ子なので通常の年収の上限は800万円前後です。

求人に応じる時に最も気になるのは給料という人も多いかもしれませんが、美容師の給料は経験、人気、職位によって変動していくということを理解しておきましょう。求人探しには専門のサイトも利用できます。